ホーム相場技法 > うねり取り

うねり取り

折れ線グラフ手描き

◆価格の自律的な上げ下げに注目

うねり取りは、価格の自律的な動き、つまり自然に発生する変動の周期を利用して利益を上げる売買法です。

銘柄固有の材料がなくても、価格は常に変動しながら、ある程度一定した周期をみせるものです。
その上げ下げの中でポジションを変化させれば、純粋に自分の行動を考えるだけで利益を得ることができます。

◆銘柄を固定する

自律的な上げ下げを利用するので、多くのアマチュアのように材料重視で銘柄を乗り換えていくのではなく、うねり取りに適した銘柄から自分の好みのものを選び、限定します。
極端だと感じる人もいるかもしれませんが、たった1銘柄を何十年も売買し続けているプロ相場師もいます。

◆プロ相場師の4割が実践

うねり取りを行う投資家は、専門の技術職のようなものです。変動感覚(値動きを受け止める感覚)を含めた売買技法が求められますが、継続的な売買を行うためのシンプルさが多くのプロ相場師に好まれています。サヤ取りFAI投資法のように範囲を限定する売買法、といった分類をすると、プロ相場師の4割がうねり取りを行っているといわれています。

研究部会報 (定) 年間講読 (新規・継続)研究部会報 (定) 年間講読 (新規・継続)

1972年の創刊以来、真に自立する投資家を対象に発行し続けている、売買技法の研究誌。初心者からプロま....

新版 中源線建玉法(一般価格)新版 中源線建玉法(一般価格)

プロの相場技術をシンプルなロジックに集約した、機械的売買手法。日々の終値を結んだシンプルな折れ線チャ....

株式売買記録と解説株式売買記録と解説

ベテランの売買を、元帳、売買報告書をもとに復元して解説したもの。また初心者の売買も、良い部分とともに....

うねり取り入門うねり取り入門

「プロヘの最短コース」といわれる銘柄固定式継続売買について、いますぐやるための実践的解説と深い討論の....

FAI 場帳FAI 場帳

場帳に終値を記入するときだけ、マーケットのさまざまな雑音から解き放たれる。常に自分の基準を再確認する....

FAI 玉帳FAI 玉帳

人間の記憶はあいまいである。しかし売買を記録することで、経緯や現状を客観的に見ることができる。また、....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。