酒田罫線法(さかたけいせんほう) - 実践!相場用語集

 線の組み合わせ(線組み)から比較的近い将来を予測していく売買法建玉法)。ローソク日足を用いる。順行逆行に気を配り、小さな乗ることをきっかけに中勢のに乗っていくことを目標としている。株価変動における「勢い」(勢力)よりも、形()や傾向(トレンド)を重視しているのが特徴。

 酒田罫線法は本間宗久の創案というのが定説だが、考察していくと多くの点で疑問が生じるといわれている。また、線組みや集合的な型を用いた単なる予測法として認識されていて、こじつけ的なものも含めた四十八手が紹介されることが多い。しかし本来は、「の動かし方」を伴って総合的に体系づけられた、具体的な売買手法である。林輝太郎著『定本 酒田罫線法』(同友館)に詳しく解説されている。

おすすめ関連書籍

用語集トップにもどる
(新規に解説を希望する語句は、用語集トップから送信してください)

※この用語集の内容を無断で転載することはご遠慮ください。

 ★ 研究所のオススメ無料コンテンツ ↓ ↓ ↓

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 DIABOX2 702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。