相場操縦(そうばそうじゅう) - 実践!相場用語集

 自己の利益のために、見せかけの売買を行うなどの方法で市場の価格を意図的に変動させる行為。金融商品取引法第159条で禁止され、懲役や罰金の対象となる。
 「仮装売買」「なれ合い売買」など市場で売買することでほかの投資家に誤解を与える行為や、虚偽の情報や誤解を生じさせる情報を表示することなどが、一定の要件で示されている。

 過去には立件されたケースが極めて少ないが、公設市場に対する認識が高まったことや、さかのぼって売買の記録を調査するうえでの環境が良くなったことなどから、摘発され罰せられるケースが多くなった。そもそも、意図した通りに市場の価格を動かせるものではなく、そんなことを画策するエネルギーをまともな方向に向けるべきである。

用語集トップにもどる
(新規に解説を希望する語句は、用語集トップから送信してください)

※この用語集の内容を無断で転載することはご遠慮ください。

 ★ 研究所のオススメ無料コンテンツ ↓ ↓ ↓

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 DIABOX2 702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。