注文の種類(ちゅうもんのしゅるい) - 実践!相場用語集

 注文の種類は大きく分けると、
 1.指し値
 2.成行
の2つだが、これらの組み合わせでいろいろな注文方法が存在する。

寄付
寄付で執行される成行の注文。「寄付成行」と同じ。「寄り成り」ともいう。

成行
すぐに成行で執行される注文。寄付前に出して寄付に間に合えば「寄付成行」注文と同じ結果になるが、たとえば8:58に発注したものを証券会社が処理している間に寄りついてしまえば、寄付直後のザラ場において成行で執行される。

寄付の指し値
寄付のみ有効な指し値注文。

引けの指し値
引けだけに有効な指し値注文。ザラ場で条件が合っても執行されない。前場に出せば「前引け指し値」、後場に出すと「大引け指し値」となる。

指し値、不出来(できず)引け成り
ザラ場は通常の指し値注文で、その指し値が出来なかった場合に、引けで成行に切り替わる。これも前場後場それぞれ別である。担当者の手作業ではなく、注文処理システムで自動的に処理される。

出合い注文
指し値ができるまで毎日出しておく注文。期限などは証券会社によって(使用しているシステムによって)異なる。「7営業日以内で日付を指定」「常に週末まで」など。当然、「不出来引け成り」は出合いで出すことはできない。また、配当など権利落ちをまたぐこともできない。
 →出合う

当日限り
とくに指定のない限り、注文は当日限りとなり、その日のうちに出来なかった場合、その注文は無効となる。種類というより付属的条件。

その他
インターネット取引においては、状況の変化に応じて指し値を変更するW指値逆指し値など、複雑な指値注文が可能である。ただし、こういうワザだけで売買法が成立する、と考えるのは誤りである。

用語集トップにもどる
(新規に解説を希望する語句は、用語集トップから送信してください)

※この用語集の内容を無断で転載することはご遠慮ください。

 ★ 研究所のオススメ無料コンテンツ ↓ ↓ ↓

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 DIABOX2 702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。