利乗せ(りのせ) - 実践!相場用語集

 単に「乗せ」ともいう。
 見込み通りの方向に動いて利が乗って(評価益が出て)きてから玉を増やすこと。順張りの手法である(注)。買い増しすることを「買い乗せ」、売り増し(カラ売りを増やす)することを「売り乗せ」「追撃売り」などという。
 相場の方向が見えてから玉を増やすので精神的にやりやすく、「短い時間で利益を取れる」ことは有利であるが、根拠のない大胆な行動に傾きやすく危険な面もある。乱暴に利乗せを行えば、気が大きくなったとき、すでに相場が終末を迎えている。
 冷静に攻め、素早く逃げることを前提としたやり方。

(注)上げトレンドで玉を増やしていくのだから順張りだが、押し目を狙って乗せれば、の入れ方自体は逆張りである。

 ←→ナンピン

用語集トップにもどる
(新規に解説を希望する語句は、用語集トップから送信してください)

※この用語集の内容を無断で転載することはご遠慮ください。

 ★ 研究所のオススメ無料コンテンツ ↓ ↓ ↓

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 DIABOX2 702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。