RSI/相対力指数(あーるえすあい/そうたいりょくしすう) - 実践!相場用語集

 米国のウェルズ・ワイルダー氏によって考案されたオシレーターで、買われ過ぎ、売られ過ぎを示すためのテクニカル指標である。

 一定期間内の値動きを、「上げた日(前日比プラス)」と「下げた日(前日比マイナス)」に分けて計算する。上げた日の値上がり幅平均を、上げた日の値上がり幅平均と下げた日の値下がり幅平均の合計で割り、100をかけて求める。数式は以下の通り。

 RSI = A/A+B ×100

  A 上げた日の値上がり幅平均
  B 下げた日の値下がり幅平均

 ワイルダー氏によれば、計算の対象期間は14日が最適で、70%以上が買われすぎ、30%以下が売られ過ぎと判断すべき、とのことである。

 この指標は一見非常に便利で、かつ合理的なようであり、たしかに相場が適度な往来を繰り返すときには有効であるが、勢いよく一方方向に動くことを前提としていないため、プロ・上級者には使用されていない。
 また、RSI天底と実際の値動きの天底がずれてしまうことも、実用性の面から考えて大きな欠点である。

用語集トップにもどる
(新規に解説を希望する語句は、用語集トップから送信してください)

※この用語集の内容を無断で転載することはご遠慮ください。

 ★ 研究所のオススメ無料コンテンツ ↓ ↓ ↓

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 DIABOX2 702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。