売り長(うりなが) - 実践!相場用語集

 信用取引において、売り残(→信用取引残高)が買い残(→信用取引残高)を上回っている状態。上長(うわなが)とも。

 通常は買い残の方が多く、また、売り残は潜在的な買いである(いずれ買い戻す)ことから、売り長のときには踏み上げを期待する声が必ず聞かれる。しかし、極端に売り長であっても実際にそこから大相場につながることは少ない。売り長の状態になるまでに一定の値上がりをしているということと、取組だけで将来の価格動向が決定されるわけではないからである。

 「売り越し」とは意味が異なる。

 ←→買い長

用語集トップにもどる
(新規に解説を希望する語句は、用語集トップから送信してください)

※この用語集の内容を無断で転載することはご遠慮ください。

 ★ 研究所のオススメ無料コンテンツ ↓ ↓ ↓

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 DIABOX2 702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。