二番天井/2番天井(にばんてんじょう) - 実践!相場用語集

 天井は通常とがっているものの、複雑な動きをみせながら山を2つつくることがある。2つ目の山を二番天井という。
 上げトレンドが続いたあと上げ止まりながら一定の日柄を経て高値を抜く気配をみせ、しかしそこから下げトレンドに移行すれば、「二番天井だった」ということになる。
 その場で判断することはできず、あとから解説をつけるしかない。また天井も様々である。しかし、「天井も底も2回ずつ」といわれるように、とがった天井でもトレンドが転換するまでにはある程度の日柄が必要と理解し、あわてて建て玉しないように注意したい。

用語集トップにもどる
(新規に解説を希望する語句は、用語集トップから送信してください)

※この用語集の内容を無断で転載することはご遠慮ください。

 ★ 研究所のオススメ無料コンテンツ ↓ ↓ ↓

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 DIABOX2 702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。