配当取り(はいとうどり) - 実践!相場用語集

 配当を受け取ることを主目的に株を買うこと。
 株主に対する配当金は決算期末(3月に集中している)、中間決算期末の株主に支払われる。配当の権利付最終日に買って翌日売却しても配当を受け取る権利はあるので、配当の額、株価によっては非常に短期の保有で高利回りが得られる。
 しかし、高配当の銘柄であっても配当の金額以上の価格変動が起こるのが株式市場。配当を気にせずに売買益(キャピタル・ゲイン)のみを考えるのが基本。
 配当取りの売買動向によって価格変動を読もうとする試みもあるが、配当以外の変動要因のほうが大きいことから否定的に考えることができる。

用語集トップにもどる
(新規に解説を希望する語句は、用語集トップから送信してください)

※この用語集の内容を無断で転載することはご遠慮ください。

 ★ 研究所のオススメ無料コンテンツ ↓ ↓ ↓

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 DIABOX2 702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。