リート/REIT/J-REIT(りーと) - 実践!相場用語集

 投資信託の一種で、賃貸ビルなどの不動産を運用対象としたもの。不動産投資信託。

 米国でREIT(Real Estate Investment Trust)として、1990年代に急速に発達し、そのシステムを導入したため、正式には「J-REIT」というが、一般的には単にREIT(リート)と呼ばれている。
 不動産の環境が歪んだまま80年代の資産バブル(バブル)で地価高騰が起こり、その後のバブル崩壊で極端に下落した。日本においてリートは、資産デフレを救済するという目的がスタートのきっかけであったが、金融市場がより充実したことはたしかである。ただ、優良物件は不動産会社本体に、ランクの低い物件はリートに組み入れられる傾向が構造的にあり、将来を危惧する声がある。

用語集トップにもどる
(新規に解説を希望する語句は、用語集トップから送信してください)

※この用語集の内容を無断で転載することはご遠慮ください。

 ★ 研究所のオススメ無料コンテンツ ↓ ↓ ↓

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 DIABOX2 702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。