手詰まり(てづまり) - 実践!相場用語集

 上げ相場でひととおり物色されたが、さらに買っていく材料が見あたらない状態。

 投資家、すなわち売買を“する側”にとって、売買の対象は一定の範囲に限定しておくべきである。その範囲において仕掛けのチャンスがなければ、何もせずにチャンスを待つだけであり、市場全体に投資家の興味を引くネタがあるかどうかを気にする必要など全くない。
 市場全体の動きも観察していくが、価格は上がったり下がったり繰り返すものであり、“やらせる側”と同じ立場に立って手詰まりをマイナスと感じる必要はない。

用語集トップにもどる
(新規に解説を希望する語句は、用語集トップから送信してください)

※この用語集の内容を無断で転載することはご遠慮ください。

 ★ 研究所のオススメ無料コンテンツ ↓ ↓ ↓

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 DIABOX2 702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。