ホームオンラインショップ > 【詳説】うねり取り実践 ~株式売買記録と解説~

【詳説】うねり取り実践 ~株式売買記録と解説~

【詳説】うねり取り実践 ~株式売買記録と解説~
注文数量
コード 2005
著者 林輝太郎
出版・制作 林投資研究所
大きさ A5判
備考 344ページ
価格 8,000円+税

※『株式売買記録と解説』を新装刊。

本書は主に、日々の終値を見ながら上げ下げの波に乗る「うねり取り」の手法を紹介している。特別なファンダメンタル分析の知識もいらないし、多くの情報を集める必要もなく、対象とする銘柄の終値と、“次の一手”を考える判断基準だけである。
 そんな普遍的な取り組み方について、ベテランが実際に売買した生の記録と、実践者の手による考察は、他に類を見ない貴重な内容だ。

tirayomi75-shita.pngこの本の内容を「チラ読」できます
こちらをクリック(別ウインドウでPDFファイルが開きます)

■一般の書店ではお求めになれません。直接ご注文ください。

おすすめ関連書籍

−目次−

まえがき(林 知之)

分割建玉の基本

現物売買練習の一例

  1. 売買練習の基本
  2. スズキの売買記録

順張りのプロの技

お手本になる「切れのよさ」

  1. 明快な売買
  2. 株式レポートの解説
  3. あっさりした撤退
  4. 順張りと逆張り
  5. 不等分割を順張りで
  6. 2回の予備売買を経て
  7. 絶妙なさぐりの玉
  8. 本玉をつくる途上の操作
  9. 手仕舞った理由はなんでもよい
  10. 完全に客観的判断はない
  11. 「あっさり」と「ねばり」
  12. ひとつの意見
  13. 実践者に対して礼を失しないように
  14. 急伸的な入れ方
  15. 等分割について
  16. 等価格平均法
  17. 「のろさ」について
  18. 片建てのみの操作
  19. 控え目な建て玉
  20. 確かめながら進む

ツナギの難しさ

ねらい撃ちの利点とザラバ売買の不利について

  1. 「自分だったら」ということ
  2. 売買以前のことも大事
  3. 狙いは成功
  4. 本玉は有利に入った
  5. くたびれもうけのツナギ玉
  6. 手仕舞いは逆張りで

中源線を使った「うねり取り」

N氏の現物・信用取引

  1. 53年の売買記録
  2. 備忘的なものを細かく
  3. 現物と信用
  4. 動いているためし玉
  5. W型の動きの中
  6. あとからなら何とでも言える
  7. 下手どころか見事だ
  8. 現物は8,000株のみ
  9. 信用と共に29,000株
  10. 安い平均値
  11. もし自分だったら
  12. マル取りは不可能
  13. 区切りと「動き」
  14. ためし玉のドテン
  15. 細かい分割
  16. 分割の間をのばしたら

「売り」を極める

二人の計画的売りの比較

  1. 上げは半分、下げは8分
  2. ケイ線のみの売買
  3. 「売り」というもの
  4. ためし玉の失敗
  5. 同じように曲がった
  6. 貴重な感覚を得るために
  7. 2度目のためし売り
  8. 倍返し
  9. 倍加法
  10. 内藤氏は3度目の0にした
  11. いったん手仕舞ったが
  12. 年末残玉ゼロから再び
  13. 売買頻度について
  14. 売買頻度と残玉の比較
  15. 比較を受けとめてみる
  16. 意外に売りのコストは下がらない
  17. 7ヵ月間の内藤氏の売買譜
  18. 玉の動きをみつめて

アマチュアからプロへの過程

Ⅰ氏の3銘柄併行売買

  1. プロに近づきつつある見本
  2. 3銘柄で350万円の純益
  3. タイミングをズラすと
  4. 1週間のズレ
  5. 強弱とはちがう
  6. アルプスから富士写真へ
  7. あまりにもスムーズな玉の動き
  8. 手仕舞いは狙ったか?
  9. 狙いすぎとあせり
  10. 年末の区切りから出発
  11. 「区切り」について
  12. 区切りの内容
  13. 売買再開後は生彩を欠く
  14. 5分割の買い
  15. 材料張りだが
  16. まさに乗っていた
  17. なぜか生彩を欠く
  18. 仕事として
  19. 先入観があった
  20. 再び見事な売買
  21. 細かい売買からゆっくりした売買に
  22. 56年5月~57年2月の場帳と売買
  23. まだ心理的に迷いあり

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。