ホームオンラインショップ > 【徹底解説】FAI投資法 完全ルールブック

【徹底解説】FAI投資法 完全ルールブック

【徹底解説】FAI投資法 完全ルールブック
注文数量
コード 2008
著者 林 知之
出版・制作 林投資研究所
大きさ A5判並製
備考 320ページ
価格 8,000円+税

「まずFAIより始めよ!」

最新ルールに対応したFAI投資法のバイブル。
FAIルールに基づいた「買い方」「売り方」、さらに一歩踏み込んだ「使い方」を徹底解説する。
「底型」「三角形」「兆し陽線」など、「型」の解説だけでも86ページ。
55パターンのチャート分析を用いた詳細かつ丁寧な説明で、FAIルールによる「買い時」「売り時」が完ぺきに理解できる。
また、これまであまり触れられていなかったFAIの「カラ売り」についても言及。
2008年、2018年のルール改定に対応。

【限定公開】 各章から内容を抜粋して紹介したWEBページがあります!
yajirusi-blue02.gifこちらをクリック!

tirayomi75-shita.pngこの本の内容を「チラ読」できます
こちらをクリック(別ウインドウでPDFファイルが開きます)
 

おすすめ関連書籍

-目次-

はじめに

新ルールと付則(2008年10月)

序章 「前文」の解説とルールの位置づけ

1章 底型

  1. 3段下げと2番底
  2. 注目する上げ下げの期間
  3. 下げ止まり
  4. 株価が動くということ

2章 三角形

  1. 三角形 その1
  2. 三角形 その2
  3. 三角形 その3
  4. 「直ちに買い」のルール

3章 兆し陽線

  1. 兆し陽線 その1
  2. 兆し陽線 その2
  3. 兆し陽線 その3
  4. 兆し陽線 その4

4章 買い時

  1. 上昇を確認してから買う
  2. 押し目を買う その1
  3. 押し目を買う その2
  4. 買い直しと買い増し

5章 買い方

  1. 分散して買う
  2. 分割して買う
  3. 稼働率の設定
  4. 銘柄数の増減
  5. 株数と資金管理
  6. 資金の回転

6章 企業価値

  1. 低位株投資ならではの分析の姿勢
  2. 常に「変化」を見る
  3. 断面的な見方は役に立たない
  4. 劣等生ほど伸びしろがある

7章 売り時

  1. 手仕舞い売り
  2. キーワードは「3陽線」
  3. 大きな流れを見る
  4. 「売り逃げる」という発想
  5. トレンドの終わり
  6. 目標設定と具体的作業

8章 カラ売り

  1. FAI投資法のカラ売り
  2. カラ売りとはなにか?
  3. 売りのほうがカンタン?
  4. カラ売りが特別視される理由

9章 注意点

  1. 2つの見方を混ぜるとキケン
  2. FAI投資法の売買判断を考える
  3. 買い場が到来する整理のサイクル
  4. FAI投資法の長所と短所

余禄

  1. 新FAIルールと付則(2008年10月)
  2. ルール改定の論議について(2008年11月)
  3. 低位株の新基準(2018年1月~5月)

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 DIABOX2 702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。