ホームオンラインショップ > [会報会員割引]中源線建玉法 基本と応用

[会報会員割引]中源線建玉法 基本と応用

[会報会員割引]中源線建玉法 基本と応用
注文数量
コード 20091
著者 林 知之
出版・制作 林投資研究所
大きさ A5判並製
備考 176ページ
価格 2,400円+税

一般の方は別ページからお申し込みください ⇒[一般価格]
 

「トレンドの変化点を的確に判定する機械的売買手法」

「中源線建玉法」の戦略を一言でいうと、「逆張りの順張り」。
簡単にいうと、上げ相場から下げ相場、下げ相場から上げ相場へと変化する“変化点”(転換点)を捉え、ドテン売買で利益を出すシステムです。
また、、期待以上に大きなトレンドが生まれたときも、相場が反転するまでポジションを持ち続けるので、ガッツリと値幅を取ることができます。
中源線は、ひとつのロジック(判断基準)で「うねり」に対応すると同時に「大きなトレンド」も取りにいく、他に類を見ない売買手法なのです。
本書は、中源線の基本ロジックを図でわかりやすく解説するだけでなく、銘柄選別やエントリーのタイミング、裁量の入れ方やアレンジについても深く言及。中源線を使って、安定的に利益を出すための技術を紹介します。

tirayomi75-shita.pngこの本の内容を「チラ読」できます
こちらをクリック(別ウインドウでPDFファイルが開きます)

この本の図を取り上げて「中源線とはなにか」をカンタン解説した動画はこちら!
(林投資研究所YouTubeチャンネル)
youtube.png

 

おすすめ関連書籍

~目次~

はじめに

基本編 ~ 中源線の基本ロジックをマスターする
Chapter0 中源線ってナニ?~うねり取りを実現する機械的売買手法
Chapter1 変化点をさがせ~普通転換
Chapter2 中源線の補助ルール~42分転換と再転換
Chapter3 中源線を引いてみよう~陰陽転換のポイントをつかむ
Chapter4 中源線ルールの核心~中源線の特徴と実践のポイント

応用編 ~ ケーススタディで実践のコツをつかむ
Chapter5 損小利大を実現する建玉操作
Chapter6 ダマシと値幅取りは表裏一体
Chapter7 銘柄を選別して裁量でトレードする
Chapter8 バスケット運用と中源線のアレンジ

※目次の詳細は「ちら読み」をご覧ください。
こちらをクリック(別ウインドウでPDFファイルが開きます)

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 DIABOX2 702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。