ホームオンラインショップ > 売りのテクニック

売りのテクニック

売りのテクニック
注文数量
コード 3010
著者 林輝太郎
出版・制作 同友館
大きさ 四六判
備考 249ページ
価格 2,000円+税

投資の成果は売りによって決まる。それなのに投資家は売りの勉強をしない。売りの重要性を感じていない投資家に警鐘を鳴らす、極めて重要な売りのテクニックをまとめた1冊。

おすすめ関連書籍

−目次−

はしがき

第1部 売りの実態

  1. どこかが誤っている
  2. 値下がり損失の保険
  3. 商売なのだから
  4. 踊らされないように
  5. カラ売りを知らない
  6. カラ売りの心理面

第2部 売りの理論

  1. 優良株は買ってはいけない
  2. 売り家とはいわないが
  3. 売り方日歩
  4. 実利を取る
  5. 保険というもの

第3部 売りの実技

  1. 天井は値動きが荒い
  2. ナンピン否定論
  3. 三項目の注意事項
  4. 仕手株専門家のアドバイス
  5. 現物売りでもカラ売りでも
  6. 理解されない「ツナギ」
  7. 売りの重要性の高まり
  8. 大蔵省の誤解
  9. デフレの恐怖

第4部 売りの世界

  1. 理想売り・現実買いもある
  2. ひとりで生きていける
  3. 平均株価の下落より大きい損
  4. コメの取引はアメリカで始まっている
  5. 胴元はどのポジションか
  6. 信用の創造
  7. 金の卵を探して三〇年
  8. やはり売りの理解は困難
  9. 諸株暴騰中の先駆株の下げ

第5部 売りのまとめ

  1. ヘッジファンド
  2. 売りアレルギー
  3. コスト・ダウンのツナギ
  4. ドテンカラ売り
  5. 行程は人による
  6. ためし玉と本玉
  7. 愚の骨頂をあえてやる
  8. 成功の基

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 DIABOX2 702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。