ホームオンラインショップ > うねり取り株式投資法 基本と実践

うねり取り株式投資法 基本と実践

うねり取り株式投資法 基本と実践
注文数量
コード 4811
著者 林 知之
出版・制作 マイルストーンズ
大きさ A5判
備考 280ページ
価格 2,500円+税

価格の自律的な動き、つまり自然に発生する変動を利用して利益を上げる「うねり取り」は、数多くのプロ相場師が好んで利用している。この「うねり取り」による売買法を基本から実践まで、幅広く、丁寧ににわかりやすく解説する。また、「うねり取り」を実現するための機械的売買手法である「中源線建玉法」の基本ルールや実践上の注意点についても言及。「うねり取り」を実践しようという投資家にとって、バイブルとなる一冊である。

tirayomi75-shita.pngこの本の内容を「チラ読」できます
こちらをクリック(別ウインドウでPDFファイルが開きます)
 

 本文の一部がWEB上の連載に!

[連載]プロの分析思考に学ぶ―「うねり取り」株式投資の実践法

この本の一部が、幻冬舎ゴールドオンラインで連載されています。

 

※幻冬舎ゴールドオンラインは、『財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を目指すWEBサイトで、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとしています。

 

【第1回】株式投資では「カラ売りのほうがやさしい」といえる理由

【第2回】プロトレーダーの多くが備えている「真の瞬発力」とは何か?

【第3回】株式投資のための情報処理・・・「アウトプット」の重要性とは?

【第4回】トレードの質が大きく変わる「手仕舞い」の重要性

【第5回】株価の値動きについていく「分割売買」という手法

【第6回】株式投資でプロの技法を実践…「練習売買」のポイント

【第7回】値動きの流れをつかむ「試し玉」を使った株式投資法

【第8回】狙っている銘柄が底値に・・・「試し玉」の使い方

【第9回】 見込み違いによる損失・・・金融取引の「最大の経費」とは何か?

【第10回】株式投資の損を最小限に抑える「試し玉」の役割

【第11回】 株式投資で「損切り」より「利食い手仕舞い」が難しい理由

【第12回】利食いや損切りは潔く・・・うねり取り投資の「手仕舞い」の心得

【第13回】 株式投資で大切にしたい「守備範囲を絞り込む」という発想

【第14回】 株式投資で分析による「必勝法」が成立し得ない理由

【第15回】 プロは逆張り? 株式投資における「値動き」との向き合い方

【第16回】 株式投資の「順張り」で勝つための適切なタイミングとは?

【第17回】 株式相場の上げを活用した究極の売買方法「乗せ」とは?

【第18回】 株の値動きの中で活用したい「ツナギ」のテクニック

【第19回】 単純な行動を意識したい「利食いドテン」「損切りドテン」

【最終回】 巨大な株式市場だから存在する、個人投資家が勝てる「すき間」

おすすめ関連書籍

−目次−

第1章
    投資情報の8割は有害

  1. 株式市場には夢がある
  2. トレードとセックスは、他人の行為を見る機会がない
  3. 株価を押し上げるのは「人気」
  4. 材料の価値
  5. 材料がきっかけでトレンドが生まれる
  6. 株価の先見性
  7. 情報の多くは単なる断片だ
  8. 新聞の読み方
  9. トレードに知識は不要
  10. 価格だけを見れば十分
  11. 「安く買う」「高く売る」は誤り
  12. 間違いだらけのナンピン論
  13. カラ売りは危険なのか
  14. 強迫観念で行動するな
  15. 投資家は保護されていない
  16. 自分の答えを出す

第2章
    相場技術論とトレードの準備

  1. 金融マーケットの真実と勝つための方法論
  2. 自滅しないために
  3. 思想と実践方法の整合性
  4. 相場技術論は非常にプレーン
  5. テクニカル分析の三原則
  6. 価格だけを見る直接法
  7. マーケットは自分の都合を聞いてくれない
  8. 予測とは何か
  9. 予測の的中率、勝率、そして利益率
  10. 「わからない」という答え
  11. 当てようとする気持ちも捨ててはいけない
  12. トレードの三要素
  13. トレードの分類
  14. 準備に時間をかけろ
  15. シンプルで実用的な理論を持て
  16. 趣味的要素の排除

第3章
    うねり取りを実践する古典的手法

  1. 流行と古典
  2. 数カ月を基準にする
  3. 価格ではなく日柄が基準
  4. 季節的な変動がある
  5. カレンダーで売り買いしても儲かる?
  6. “専門バカ”で上げと下げの往復を取る
  7. “事件”がないのが良い銘柄
  8. 条件は「地味な安定」
  9. 当てるのではなく流れについていく
  10. 生活費を稼ぐ職人の売買
  11. 道具は日足と場帳、そして玉帳
  12. 日足
  13. 場帳
  14. 日足と場帳の併用
  15. 玉帳
  16. アナログ作業の効果
  17. 区切りをつけるという発想

第4章
    うねり取り実践のポイント

  1. 上げ相場の難しさ
  2. 瞬発力の勝負
  3. インプットとアウトプット
  4. 売りと買いで売買
  5. 分割が必須
  6. 練習の方法
  7. 試し玉と本玉
  8. 試し玉は売り買いが逆でもいい
  9. シゴトとしての売買と経費の損
  10. 損切りは試し玉の段階で
  11. 利食いと損切り、どちらが難しい?
  12. 手仕舞いは素早く
  13. 慣れることの有利さ
  14. 値動きを体感する
  15. 「プロは逆張り」ってホント?
  16. イメージは「順張り」でいい
  17. 究極は乗せ
  18. ツナギ
  19. ドテン
  20. 中源線建玉法は「うねり取り」だ!

第5章
    機械的判断でうねり取りを実現する「中源線建玉法」

  1. 株価の波を泳ぐ感覚
  2. 折れ線チャートを利用するワケ
  3. 「順行」「逆行」という発想
  4. トレンド転換の基本概念
  5. 3分割で建玉をコントロールする
  6. 「順行」は放置、「逆行」に注意する
  7. トレンド転換の補助ルール
  8. 「再転換」がポジション操作のキモ
  9. キザミ設定で転換のタイミングは変わる
  10. 確固たる答えを示す
  11. 実際に中源線を引いてみる
  12. 基本は「普通転換」
  13. 「42 分転換」と「再転換」に注意
  14. 中源線を「道具」として使いこなす

第6章
    中源線の活用と運用上の注意

  1. 中源線はシステムトレードなのか(1)
  2. 中源線はシステムトレードなのか(2)
  3. 中源線研究の三本柱
  4. シンプルな基準を貫く
  5. 中源線を身につける
  6. 分割による建玉操作(1) なぜ分割なのか?
  7. 分割による建玉操作(2) なぜ3回なのか?
  8. ブラックボックスの罠
  9. トレードの「守・破・離」
  10. 中源線の可能性
  11. 机上の計算と人間の盲点
  12. 高い勝率を求めない損小利大
  13. ダマシは避けられない
  14. 資金管理を怠らない
  15. 「計算」に偏りすぎるな
  16. 中源線をアレンジする

第7章
    トレードは常に自分が中心

  1. 日々是決断
  2. 「何を買うか」ではなく「いつ買うか」「どこで売るか」
  3. 事前の想定に必要な「いつ」
  4. 生き残りを第一に考える
  5. 計画はネガティブ思考、実行はポジティブ思考で
  6. 禁止事項は肯定形に置き換える
  7. 利己的な行動が正しい
  8. 個人投資家の武器を利用する
  9. 売るべし、買うべし、休むべし
  10. 個人投資家こそプロの視点をもつべき
  11. 経験とは何か
  12. 女性が優秀な理由
  13. 自分の立ち位置を決めろ
  14. 真逆を考える
  15. 予測は当たらない
  16. 企業分析は他人、値動き分析は自分の手で
  17. 確信ある自分流を
  18. 投資家としてのゴール設定

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。