ホーム > > 助言サービスのクーリングオフおよび苦情等への対応

助言サービスのクーリングオフおよび苦情等への対応

クーリング・オフについて

  • 『研究部会報』『林投資研究所レポート』講読契約より10日以内でしたら契約の解除はご自由です
  • 解除の意思は書面にてお知らせください

    (お客様が書面を発したときに、その効力が生じます)

当研究所への連絡方法と苦情等の申し出先

  1. 電話 03-5953-8761 (月~金、午前9時~午後4時半。祝日等を除く)
  2. お問い合わせフォーム →こちら

当研究所の苦情処理措置について

当研究所は「苦情処理措置」を定め、お客さまからの苦情等のお申し出に対して真摯かつ迅速に対応します。

当研究所に対する苦情等のお申し出先は上記の通りです。また、苦情解決に向けての標準的な流れは次の通りです。

  1. お客さまからの苦情等の受付
  2. 担当者からの事情聴取と解決案の検討

当研究所は上記のように苦情の解決を図るほかに、以下に示す団体を通じて苦情の解決を図ります。この団体は、当研究所が加入している一般社団法人日本投資顧問業協会から苦情解決についての業務を受託し、お客さまからの苦情を受け付けています。ご利用になる場合は、次の連絡先までお申し出ください。

特定非営利活動法人証券・金融商品あっせん相談センター
電話 0120-64-5005(フリーダイヤル)

同センターが行う苦情解決の標準的な流れは次の通りです。
詳しくは、同センターにご照会ください。

  1. お客さまからの苦情の申し立て
  2. 会員業者への苦情の取り次ぎ
  3. お客さまと会員業者との話し合いと解決

当研究所の紛争解決措置について

当研究所は、上記の特定非営利活動法人証券・金融商品あっせん相談センターが行うあっせんを通じて紛争の解決を図ります。同センターは、当研究所が加入している一般社団法人日本投資顧問業協会からあっせんについての業務を受託しており、あっせん委員によりあっせん手続が行われます。当研究所との紛争の解決のために同センターをご利用になる場合は、上記の連絡先にお申し出ください。

同センターが行うあっせん手続の標準的な流れは次のとおりです。詳しくは、同センターにご照会ください。

  1. お客さまからのあっせん申立書の提出
  2. あっせん申立書受理とあっせん委員の選任
  3. お客さまからのあっせん申立金の納入
  4. あっせん委員によるお客さま、会員業者への事情聴取
  5. あっせん案の提示、受諾

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。