ホーム相場の資料 > ブロック(商品相場サヤ取り)

ブロック(商品相場サヤ取り)

ブロックは限月相場サヤ取りの必需品

◆サヤを数字で見る

ブロックは、先物相場で限月間のサヤを見るための、プロが使う道具です。チャートと違ってわかりにくいと思われがちですが、場帳と同じように数字で書くことで、値動きを冷静に受け止める効果があります。

◆用紙1枚で1日分

ブロックは、1日で1枚使います。これをバインダーでとじて、めくりながらサヤの推移を見ます。売買の対象として注目するサヤだけを場帳に書けば、サヤの場帳になります。

実際のブロック

◆限月間のサヤを見る

ブロック(大豆単銘柄)

これは、実際に書いた一般大豆のブロックです。
(見えにくいときは画像をクリックしてください。拡大画像が別ウインドウに表示されます)

左下から右上にかけて、下に二重線が引いてあるワクがあります。まずここに、各限月の終値を書きます。次に限月間のサヤを計算し、各限月の終値から下の部分に書き入れます。

写真のように6限月の場合、限月間のサヤは15通りです。先の限月のほうが高い順ザヤならば黒い字で、先限月のほうが安い逆ザヤならば赤い字でサヤを記入します。

説明1
10月限とほかの限月のサヤを見ます。10月限の終値は「40,160円」で、次の限月である12月限とのサヤは-770円、つまり先の12月限のほうが安い逆ザヤです。同じ10月限と2つ先の2月限とのサヤは、-740円です。

説明2
8月限とほかの限月のサヤを見ます。次の限月である10月限とのサヤは、1,100円です。つまり、10月限のほうが1,100円高い順ザヤです。もうひとつ、同じ8月限と一番先の2月限とのサヤは、360円の順ザヤです。

◆限月間のサヤと市場間のサヤを見る

ブロック(ガソリンと灯油)

これは、ガソリンと原油のブロックです。実際のブロック用紙は、このように2つの銘柄(異銘柄または同一銘柄の異市場)を1枚の紙に書くことができます。
(見えにくいときは画像をクリックしてください。拡大画像が別ウインドウに 表示されます)

各銘柄の限月間サヤは、1枚目の写真で説明した通りです。ガソリンは全体に逆ザヤ、原油は全体に順ザヤだということがわかります。

ブロック用紙では、同じ銘柄の限月間のサヤと同時に、銘柄間のサヤを見ることができます。限月間のサヤとは別に、用紙の一番下の欄に銘柄間のサヤを書きます。この例では、それぞれ6限月あるガソリンと原油のサヤ、つまり36通りのサヤが書いてあります。

ブロック用紙の下部にある36通りのサヤ、つまり「ガソリンと原油のサヤ」の計算方法を説明します。

説明1 (アンダーライン上の数字)
左下の「11,980」から右上の「9,690」まで、アンダーライン上の数字は、[ガソリン-原油]で同じ限月を比べたときのサヤです。ガソリンの4月限から原油の3月限を引くと、11,980円の順ザヤなので、いちばん左下に黒字で「11,980」と書きます(54,310-42,330=11,980)。
アンダーライン上で一番右上の「9,690」は、ガソリンの9月限と原油の8月限のサヤです(53,370-43,680=9,690)。

説明2 (アンダーラインより下の数字)
いちばん右下の「10,630」は、[ガソリン4月限-原油8月限]のサヤです。その左の「10,900」は、[ガソリン4月限-原油7月限]です。つまり一番下の行はすべて、ガソリン4月限の原油とのサヤです。
次に、いちばん右下の「10,630」のすぐ上にある「10,600」を考えてみましょう。これは、[ガソリン5月限-原油8月限]のサヤです。つまり、右の列を一番下の「10,630」から上に進んでいくとき、原油の8月限が固定され、ガソリンの限月が変わっていくのです。

◆ガソリンと原油のサヤ取りについて

原油とガソリンのサヤは、「原料と製品の差」を示します。製品は製造費を含むので原料より高いはずですが、まれに製品が供給過剰になったときに製品安となります。しかしそれは、特殊な需給のときに限られます。
原料と製品の差(サヤ)は通常、需給関係と人気の変動によって拡大したり縮小したり、周期的に変動します。

◆銘柄間サヤの確認早見表

ひとつひとつの説明はわかっても、これら36通りのサヤは慣れないと混乱します。わからなくなったら、下の図を見て確認してください。
(図の下には、同じ表の印刷用PDFファイルへのリンクがあります)

ブロック2銘柄早見表

pdficon_large.gif 上の早見表をPDFで表示
 (別ウインドウがひらきます)

両外しサヤ取り用ブロック用紙 6限月2銘柄用 (商)両外しサヤ取り用ブロック用紙 6限月2銘柄用 (商)

サヤ取り専門家のためのルーズリーフのブランク用紙。毎日1枚ずつ書き入れる、サヤ取りを行うための道具(....

商品相場 場帳 (商)商品相場 場帳 (商)

場帳に終値を記入するときだけ、マーケットのさまざまな雑音から解き放たれる。常に自分の基準を再確認する....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。