Vol. 321 計算ではない計算(2)

連載「相場のこころ トレードの本質」その24

 

知人のディーラーが言っていました。
「立会日が月に20日として、本当に取れるのは2日か3日。でも、それがいつかはわからないから、『今日がその日かもしれない』と手を出すしかない」
個人投資家は休みを取ることが許されますが、職業ディーラーは毎月の結果を出す必要があります。だから、週、日という単位でも休めないのです。
 
書籍『新版 中源線建玉法』には、次のような記述があります。
 
中源線の売買法は規格化された売買基準であり、過去の値動きの最大公約数的な統計を基に組み立てられた売買法なのだ。過去の平均的な値動きからはみ出した波動のときは、損をしなければならない。もちろん、損をしてでも続けていくのだ。
(「第四部 実践と実験」より)
 
ほかの部分では「適当に休む期間をつくれ」と述べながら、原則としては「やり続けるんだ」と強調しています。
 
「機能するルールでも、取れない時期はある」「それを当てることなどできない」ということです。そもそも、例えば「これからの3カ月は、このルールが機能しない」と察知できるなら、ルールそのものを根底から変更することが可能です。
 
「損をしてでも続けていくのだ」なんて、「ドMですか?」って感じですが、甘んじて受け入れなければならないこともあるということです。
 
1カ月ごとにルールを検証し、パラメータやロジック(基本の基準)を変更していたら、常にフラフラするだけ、しかも過去に縛られます。抜け出せない混乱に陥るのもカンタンなのです。
 
直近の値動き特性を分析しながら「わずかずつ基準を変化させていく」という発想もあるのですが、おそらくイバラの道。手をつけにくいとしか感じられません。
 
さて、いろいろな値動きパターンを想定し、「取れない時期もある」ことを受け入れながらも、とりあえず確固たる対応基準を決めないと、トレードが始まりません。とはいえ、連敗は精神的につらいので避けたいと思い悩みます。
 
「トレードルールのつくり方」というテーマで、特別番組を放送する予定です。
バリバリの実践家である、アンディこと沼田武氏と私で意見を交わし、MC役をお願いした池田ゆいさんも討論に加わってもらおうという、実践家のための企画です。
 
収録は来週、放映の予定が3月下旬です。
あらためて案内しますので、お楽しみに!
 
specialp.JPG
 
林 知之

入門の入門 中源線投資法入門の入門 中源線投資法

「うねり取り」を機械的判断で実現する「中源線建玉法」は、40年以上の長きにわたってプロ相場師にも高く....

新版 中源線建玉法(一般価格)新版 中源線建玉法(一般価格)

プロの相場技術をシンプルなロジックに集約した、機械的売買手法。日々の終値を結んだシンプルな折れ線チャ....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。