Vol. 323 計算ではない計算(3)

連載「相場のこころ トレードの本質」その25

 

先週のある朝、いつもとちがう車両に乗ったらスゴい美人に遭遇。
その後毎日、その車両に乗っているのですが、どこにも見当たりません。
新聞に目を通す時間を取り戻すことができました。
 
書籍『新版 中源線建玉法』には、過去のチャートを研究することについて真っ向から否定するような説明があります。
 
過去の何年間かのグラフを引いて、それに中源線の規定を書き入れてみても仕方がない。ムダである。昔の値動きを調べても、現実の売買値はグラフ上には出ないのだから、実感がわくはずもない。頭でやる悪いクセが濃くなっていくだけである。
(『新版 中源線建玉法』第四部 実践と実験より)
 
強烈な言葉で「ケイ線マニア」になるなと戒めているわけですが、実際に過去のデータを振り返ることなく実地の売買に臨むなんて乱暴すぎます。
 
書籍の中にも、過去の値動きによる検証結果が盛り込まれています。
 
現在では「バックテスト」と呼ぶ本チャン前の確認ですが、緻密に計算して確認したといっても、しょせんは過去のデータ。未知の未来における成績を保証してくれるものではありません。
だから、どこかに落とし穴があります。盲点があります。
 
盲点は、いくら考えても見えないから盲点なわけで、やはり実際にやってみなければわかりません。梅干しを食べたことのない人に、梅干しのおいしさも酸っぱさも伝えられないのと同じです。この点、書籍の表現はグサッとくる有意義な言葉です。
 
3月の放送は、「うねり取りを進化させる ~トレードルールのつくり方~」というタイトルでしたが、バックテスト、そしてフォワードテストの説明も行いました。
 
フォローアップのブログも毎週、1本ずつアップしています。
 
 
林 知之
 
chg-trial.png

新版 中源線建玉法(一般価格)新版 中源線建玉法(一般価格)

プロの相場技術をシンプルなロジックに集約した、機械的売買手法。日々の終値を結んだシンプルな折れ線チャ....

入門の入門 中源線投資法入門の入門 中源線投資法

「うねり取り」を機械的判断で実現する「中源線建玉法」は、40年以上の長きにわたってプロ相場師にも高く....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。