Vol. 324 株は買うものか売るものか

『研究部会報』2017年3月号は、先週の火曜日に発行!

 
──────────────────────────────
 連載「トレード哲学」……1
──────────────────────────────
 
インターネット上の写真付き情報というのも面白いもので、ある公衆トイレのらくがき「便所でタバコ吸うな。喫煙所でウンコするぞ」って……(笑)
タバコくさいトイレに入った人が、ルール違反に怒っていることを取り上げて“一理ある”と紹介した投稿に対し、こんどは「トイレにらくがきするな、ノートにウンコするぞ」って……国会のスキャンダル合戦よりも、素直に笑えるバトルですね。
 
「株は買うもの」というのが一般的なイメージです。
プロが深く考えた結論としても、「株は買うもの」という考え方があります。
 
株式は企業の持ち分です。
 
投資家が株を買うと、
企業はその資金を有効活用して利潤を追求し、
株を買った人(株主)に利益の一部を配分します。
 
企業とは、利益を上げるために存在する集団です。
 
企業が成長すれば、買った株の価格も上がります。
 
だから、
 
 「株は買うもの」だと考えるのが妥当
 
というわけです。
 
一理あります。
 
日本株は、アメリカの市場ほど“バイ・アンド・ホールド”、つまり、「長期保有」による利益は望めないという意見は多いのですが、株式分割によって株数が増え、その後の上昇で資産が増加したケースや、企業の成長による単純な株価上昇で資産価値が膨れあがったケースもあり、「株は買うもの」という考え方を支持しています。
 
これに対して、「株は売るものだ」という哲学があります。
いったい、どのような考え方なのか……。
 
次回のメールで紹介します。
 
 
林 知之

研究部会報 (定) 年間講読 (新規・継続)研究部会報 (定) 年間講読 (新規・継続)

1972年の創刊以来、真に自立する投資家を対象に発行し続けている、売買技法の研究誌。初心者からプロま....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。