Vol. 326 予測は可能か?

──────────────────────────────
 連載「トレード哲学」……3
──────────────────────────────
 
インターネット上で拾った笑い話、学校のテストの珍解答です。
 
「インドや中東の、カレーに合う食品の名前はなんですか?」
「はい、そうです」
 
答えは「ナン」ですが、「なんですか?」(YESかNOか)→「はい」という予想外の答えです。生徒の知識が正しいことがわかるし、言葉のやり取りは正しいといえるし。。。私が採点者なら、花丸あげちゃいます。
 
 
株価の先行きについては予測不能──。
これが、“相場技術論者”が考える前提です。
だから“技術”で対応しよう、という、ひとつの『思想』です。
 
林投資研究所が掲げるのは、この考え方です。
だから、誰にでも実行可能な、シンプルな売買テクニックを紹介する機会がとても多いわけです。
 
これに対して、「一定の予測は可能」という哲学もあります。
 
「1カ月先のことはわからないが、翌日ならわかる。例えば10分後なら、かなりの精度で予測できるよ」
 
この論理には、真っ向から反対します。
たしかに「10分後の株価」なら、1カ月先の株価よりも正確に言い当てることが可能でしょうが、これは誰にでも平等に与えられた条件です。だから、市場の競争で勝てる、ということにはならないのです。
 
むしろ、値動きをザックリと捉える、高い視点から眺めることで、1カ月先の予測のほうが精度が高い(ほかの市場参加者と比べて優位に立てる)という主張に、軍配が上がる気がします。
 
それはさておき、
「技術で対応するしかない」とする“相場技術論者”であっても、「予測は常に外れまくるだけ」と考えているわけではありません。
予測は「当たったり外れたり」と、依存しないように努めているだけです。
 
だから、予測の精度に頼る売買法だって否定しません。
ただし、その場合は、“出動の機会を絞り込む”など条件を厳しくする必要があると認識するのが、相場技術論者です。
 
 
林 知之

入門の入門 中源線投資法入門の入門 中源線投資法

「うねり取り」を機械的判断で実現する「中源線建玉法」は、40年以上の長きにわたってプロ相場師にも高く....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。