Vol. 328 相場の"ミス"とは?

kt.png

何でもマジメがいちばん!
でも、ヘンにクソマジメでは、バランスを欠く場合があります。
誰でも間違いを起こします。いちいち自分を責める必要はありません。
私は、社内で自分のミスを指摘されると、「そうか! 気づくようになったか」と答えます。はい、スタッフ教育の一環なのです。
 
 
相場では、どうしても「予測」に意識が向きます。
 
「あ~、あそこで買いだったんだ」
「売っておけばよかった……」
「売りじゃなくて買いだった~」
 
でも、こんなことの連続が実は「平時」。
ピシピシと当たっているときこそ、落とし穴に警戒すべきです。
 
人によっては、「ミスばかりだ」を口癖に、自分を奮い立たせようとします。
それはそれで、バランスが取れていればいいのですが、「いつも通り、うまくいかないなぁ」くらいに軽く流すことも必要ではないでしょうか。
 
相場のミスは、見込み違いではありません。
見込みは常に外れる……これくらいのイメージをもち、
「当たりも曲がりも、すべて“たまたま”の結果」
と考えるくらいが、淡々と続けるうえでのバランスだと考えます。
 
でも・・・
“たまたま”の当たりを利益にするのがトレード。
“たまたま”の曲がりの損を抑えるのがトレード。
 
すべては、値動きへの“対応”です。
本当の相場のミスは“対応”が足りないこと、居過ごし、フリーズ、先送りです。
 
 
林 知之

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。