Vol. 329 順張り逆張り(1)

kt.png

──────────────────────────────
 連載「トレード哲学」……4
──────────────────────────────
 
毎日、何かしら文章を書きながら「休みたいなぁ」などと思いつつも、言葉の面白さを考えていると本当に飽きません。
 
大和言葉の「花を愛でる」(めでる)──実に美しい表現だと思います。
最近は「チョーサイコー」なんて軽いノリで言葉を交わし、それはそれで軽快感があっていいのですが、「このうえなく」なんて使うと、とても上品ですよね。
 
日本語の面白さは、数々の言葉遊びにも見受けられます。
 
「さぁ、はった、はった!
 はって悪いはオヤジの頭、はらなきゃ食えない提灯屋だ!」
(家長の頭をたたくのは言語道断。でも、提灯屋は“はる”のが仕事)
 
博打場の口上です。
 
大和言葉から“このうえなく”チョー庶民的な話題に移ってしまいました……。
 
 
博打だけでなく、相場でも「張る」という言葉を使います。
「あの人、張るよねぇ」とは、「大きなポジションを取る」という意味で、「マネできない」とか「危なっかしい」といったニュアンスを含みます。
 
このような表現を使うのは、さすがに古い業界人だけかもしれませんが、「順張り」「逆張り」などは、現役の相場用語です。
 
「プロは逆張り」などというのですが、この表現の通りに行動してケガをするケースが多いと感じます。どんどん下がる過程で買い下がり、買い値を安くする狙いとは裏腹に、単に“逆行するポジション”をつくってしまう失敗です。
 
逆張りとは、
 「そろそろ下げ止まり」と判断し、
 丁寧かつ計画的な分割売買を前提に
 少し早めに買い始めるテクニック
です。
 
では「順張り」とは?
 
次の号で、詳しく説明します。
 
 
林 知之

ブレない投資手法 曲げない投資哲学 ~相場に立ち向かうための起承転結ブレない投資手法 曲げない投資哲学 ~相場に立ち向かうための起承転結

はじめて投資する人も、まだ投資に踏み出せないでいる人も、最初に読んでおきたい「プロが教える投資哲学」....

研究部会報 (定) 年間講読 (新規・継続)研究部会報 (定) 年間講読 (新規・継続)

1972年の創刊以来、真に自立する投資家を対象に発行し続けている、売買技法の研究誌。初心者からプロま....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。