Vol. 330 順張り逆張り(2)

──────────────────────────────
 連載「トレード哲学」……5
──────────────────────────────
 
知り合いが、駅に行くのが早すぎたと嘆いていました。
そのまま電車に乗って、途中か目的地近くで時間をつぶせばいいと思ったら、始発電車の1時間前に駅に着いていたそうです……早起きですね ^^
 
「順張りで買ってヤラレた。順張りはダメだな」
こんな言葉を聞くことがありますが、観点がズレている気がします。
 
順張りはダメ、逆張りしかない、
上がってきたところで買うのはよろしくない、
下げに買い向かう逆張りだ!
 
こういう論理だと思うのですが、
下げ過程で買い始めようが、上げ始めてから出動しようが、
買い戦略の狙いは同じ「上げ波動に乗ること」です。
 
上記の「順張りはダメだから逆張り」は、
さんざん上がって高値圏で買いついたことが敗因、
あるいは、仕方がない見込み違いだったと考えるべきでしょう。
 
順張り、逆張りという“玉の入れ方”とは関係ないはずです。
 
状況を整理します。
  1. どこまで下がるか(上がるか)は常に不明
  2. だから、ポジション操作の基準として「予測」を立てる
  3. 波のすべては取れない(値幅の半分を取れたら超大成功)
こんな前提で、
 「そろそろ底だ」(と予測して)買い始めるのが逆張り(先号)
 「上向きになった」(と予測して)買うのが順張り
です。
 
順張りを好む人の論理は、次の通りです。
 
  逆向きの電車には乗らない
  いつ動くかわからない電車にも乗らない
  動き始めた電車に飛び乗ろう
 
順張り、逆張りのそれぞれに、一長一短があるわけです。
それを認識したうえで、好みの方法を選びます。
 
「当たるか」「儲かるか」を一概に論じるのは誤りなのです。
 
 
林 知之

ブレない投資手法 曲げない投資哲学 ~相場に立ち向かうための起承転結ブレない投資手法 曲げない投資哲学 ~相場に立ち向かうための起承転結

はじめて投資する人も、まだ投資に踏み出せないでいる人も、最初に読んでおきたい「プロが教える投資哲学」....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。