Vol. 355 正しいトレードとは?

不倫疑惑の政治家に「一線を越えたんですか?」。「はい、週に3回で~す」なんて答えはあり得ません……それでも質問しなければいけないのでしょうか?
 
 
「○○株は、まだ上がりますか?」といった質問が時々あります。
強弱を「診断」してほしいということですが、不可能です。
 
ある特定の基準で「判断」することはできますが、結果は五分と五分……どんな結果であろうと、実践者として“次の一手”を打つ前提で、ズバッと判断・行動するだけです。
 
そもそも、真剣に「買いだ」という人と、確信をもって「売りだ」という人が半分ずついるから、市場で値段がついているのです。
 
良いトレードをしたい──。
つい、1回ごとの損益を気にしてしまいますが、神様ではありませんから、必死に予測しても当たったり外れたり……。
 
先日、「相場師インタビュー」に応じてくれた225先物トレーダー、“ついてる仙人”氏は、次のように言っていました。
 
「正しいトレード」と「間違ったトレード」、「利益になるトレード」と「損になるトレード」、これら4つの区別が重要だと思う。
 
 
 
 
例えば、「この値運びは買いだ」と判断したら、「でも、利益になるかなぁ」などと考えずに出動するのが正解、「正しいトレード」です。
「正しいトレード」を実行した結果、見込み違いで損になったとしても、さかのぼって「間違ったトレードだった」とはならないのです。
 
「買いだ」と判断したのに、「損になったらイヤだ」という恐怖心で出動しなかった、そうしたら下がった……「正解でしたよ」というのは誤り。
買いだと判断したのなら、出動して損切りという結果こそが正解です。
 
自分で決めたことは、実行するのが当然です。
次に同じパターンが出現した際、どう行動すればいいのかわからなくなります。
 
「当たり外れは仕方がない」という前提で立てた戦略なのに、最後の最後に自分自身で“当たり外れ”を当てようとするなんて……。
 
「判断基準が適切ではない」というのなら、ポジションもなく出動を検討する雰囲気もないときに、戦略を見直すのが正しい対応です。
 
 
いま気づきました。
「一線を越えたか」と、とりあえず質問するのが、正しいシゴトなんですね。
 
 
林 知之

研究部会報 (定) 年間講読 (新規・継続)研究部会報 (定) 年間講読 (新規・継続)

1972年の創刊以来、真に自立する投資家を対象に発行し続けている、売買技法の研究誌。初心者からプロま....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 #702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。