Vol. 372 トレードは負けるもの

──────────────
連載「相場のこころ トレードの本質」その33
──────────────
 
正月に、あらためて飼い犬を見ていましたが、いつもゴロゴロしているだけなのに、初対面の女性にからみついて喜ばれる・・・やはり負けてます。
 
新年あけましておめでとうございます。
2018年メルマガ第1号は、「勝ち負け」について。
 
東京オリンピック出場を競うカヌーの選手が、ライバル選手のドリンクに禁止薬物を混入しました。
 
「許せない」「そんなことをするなよ……」という話ですが、あえて、やってしまった選手の立場で考えてみます。
 
競争に負けてオリンピックに出られない……こんな結末が訪れるなんて耐えられない、トップ選手ならでは苦悩でしょう。
 
事件を構造問題にすり替えるつもりはありませんが、スポーツ選手が味わう「敗北」を考えてみたいのです。
 
トップ選手たちにとって、「優勝以外は敗北」かもしれません。
でも、大部分の選手は優勝争いすらできない。
負け、負け、負け……これがスポーツ選手の「平時」です。
 
「相場は非情だ」「負けてばかり」といいますが、体力とか技術なしに勝つことも可能ですし、初心者が大勝ちしたりするのですから、実はすごくラクな世界ではないかと・・・。
 
マーケットの環境は良好です。
高くなるほどに波乱の可能性も高まるのですが、そもそも利益のチャンスとリスクは一体のもの、自分を追い込まずに前進しましょう!
 
本年もどうぞよろしくお願いします。
 
 
林 知之
 

☆『研究部会報』2018年1月号は、1月30日発行!
2018年の展望、銘柄の選び方(中源線)、相場師インタビュー(“ついてる仙人”こと金子稔氏) ほか


研究部会報 (定) 年間講読 (新規・継続)研究部会報 (定) 年間講読 (新規・継続)

1972年の創刊以来、真に自立する投資家を対象に発行し続けている、売買技法の研究誌。初心者からプロま....

凄腕ディーラーの戦い方~億を稼ぐトレーダーたちII~凄腕ディーラーの戦い方~億を稼ぐトレーダーたちII~

今日読んで明日から儲けたい......そんなムチャな要求に迎合することなく、トレードで真に大切な事柄....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。