Vol. 373 自分だけわかればいい

──────────────
連載「相場のこころ トレードの本質」その34
──────────────
 
擬音と感覚的な表現で有名なのは、ミスタープロ野球、長嶋茂雄氏ですが、相場業界の人間も「ククッと上がってきたら……」とか「ストン」とか、そんな表現をよく使います。
 
拙著『凄腕ディーラーの戦い方』に登場する本河裕二氏は、値動きに対する「利益の取り方」を3つに分類しています。
 
「乗る」「張る」「切り取る」だそうです。
 
いわく、
「私は、動いたらスッと乗って、ちぎって終わり。でも、また乗っていく」
 
「上がるだろう」と考えて仕込む行為は、どんなに地味でも「張る」に分類されるそうです。彼にとっては。
 
「切り取る」は割愛しますが、彼がくっきりと区分する「乗る」と「張る」って、私にとっては同じなんですよね。
 
でも、話を聞いていて実に面白かった!
 
誰にでも売買の“かんどころ”みたいなものがあるのですが、なにをどう説明したって万人が納得することはありません。
 
自分だけがわかればいいのです。
 
そんな「自分だけの言葉」「自分だけの感覚」、もっていますか?
 
 
林 知之

凄腕ディーラーの戦い方~億を稼ぐトレーダーたちII~凄腕ディーラーの戦い方~億を稼ぐトレーダーたちII~

今日読んで明日から儲けたい......そんなムチャな要求に迎合することなく、トレードで真に大切な事柄....

億を稼ぐトレーダーたち億を稼ぐトレーダーたち

表舞台にほとんど出てこない、日本人のスゴ腕トレーダーたちの赤裸々なトークがつまったインタビュー集。日....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。