Vol. 375 "正解"はある

──────────────
連載「相場のこころ トレードの本質」その35
──────────────
 
1月22日(月)、東京に大雪警報!
多くの人が早めに帰宅したのですが、駅は大混雑してダイヤは大幅に乱れました。
 
しかし鉄道各社の仕事は素晴らしく、雪の中、大量の乗客をちゃんと運んでいました。
 
路線によって、という条件はつきますが、「ゆっくり帰ったほうが快適だった」のです。
 
でも、それは単なる結果論……混雑と混乱を予期していたとしても「とにかく帰路につくのが正解だった」と言いきれるでしょう。
 
逆に・・・「ヘタに動かず、会社に泊まる覚悟でいるべきだ」「大げさじゃない、それくらい想定外の状況だよ」という考え方だってあります。これはこれで、正解です。
 
トレードの予測と結果を考えたとき、「買ったら下がった……失敗だった」というのは感情にまかせた結果論です。
 
正しくは、「次に同じ状況だったとき、どうするか」を必死に考える必要があるのです。
 
「次に同じ条件がそろったら、やはり買う」というのなら、買って下がって損切りが正解です。
 
どうしても損切りがイヤなら、トレードをやめるしかないのです。
いやいや、非情な世界です。
 
 
林 知之
 

林投資研究所が自信をもって発行する機関誌

『研究部会報』2018年1月号は、1月30日発行!

 

2018年の展望、銘柄の選び方(中源線)

相場師インタビュー ついてる仙人こと金子稔氏

「チャートは出来のわるいカーナビなんだ」 ほか


研究部会報 (定) 年間講読 (新規・継続)研究部会報 (定) 年間講読 (新規・継続)

1972年の創刊以来、真に自立する投資家を対象に発行し続けている、売買技法の研究誌。初心者からプロま....

凄腕ディーラーの戦い方~億を稼ぐトレーダーたちII~凄腕ディーラーの戦い方~億を稼ぐトレーダーたちII~

今日読んで明日から儲けたい......そんなムチャな要求に迎合することなく、トレードで真に大切な事柄....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。