Vol. 376 変化点

──────────────
連載「相場のこころ トレードの本質」その36
──────────────
 
私は冬が嫌いです。
「生命活動にブレーキがかかる時期」だと感じるからでしょうか……。
でも、ちょっとでも暖かくなり始めると気分は夏!
打って変わってウキウキです。
 
「安く買って高く売る」は、儲けるうえで基本的な発想です。
数式的には間違っていません。でも、実践論としては弱いのです。
 
例えば・・・
銘柄Aは、ずっと300円前後ではいつくばっている。
銘柄Bは、300円から短期で600円に値上がりして保合。
 
Aは、下値不安が少ないのですが、動かないリスクがあります。
Bは、下落リスクが高いと感じるものの、上がるか下がるかの確率は五分五分、しかも“すでに動きがある”ので、早いかもしれません。
 
判断基準はそれぞれですが、「買うなら無条件でAが有利」とはいえず、少なくとも「Bは買うべきではない」と結論づけることもできない、と考えるのです。
 
「安く買う」という発想を、かたくなに守ればいいのか、ということです。
 
倍化して600円になった銘柄Bについて、もう少し考えます。
 
1.さらなる値上がりを予測して買い思惑を入れる
2.「上がったから下がる」との論理でカラ売り
3.手を出さない
4.600円の保合から放れたほうにポジションを取る
 
最後の4は、上でも下でもOKです。
「下げ始めた」と判断したら、そのタイミングで売りを仕掛ける選択肢がある、という意味です。
 
「高いか安いか」ではなく、いわゆる「変化点」に注目すべきだと考えるのが実践論なのです。
 
マーケット・スクランブル1月29日の放送は、「変化点を捉える」とのテーマでお送りしました。
(うねり取りを深く考察する ~変化点を捉える中源線~)
 
来週の月曜日、2月5日も放送を行います。
1月29日の続編的な内容で、トレードの深い部分に切り込みます。
お楽しみに!
 
 
林 知之

入門の入門 中源線投資法入門の入門 中源線投資法

「うねり取り」を機械的判断で実現する「中源線建玉法」は、40年以上の長きにわたってプロ相場師にも高く....

研究部会報 (定) 年間講読 (新規・継続)研究部会報 (定) 年間講読 (新規・継続)

1972年の創刊以来、真に自立する投資家を対象に発行し続けている、売買技法の研究誌。初心者からプロま....

億を稼ぐトレーダーたち億を稼ぐトレーダーたち

表舞台にほとんど出てこない、日本人のスゴ腕トレーダーたちの赤裸々なトークがつまったインタビュー集。日....

凄腕ディーラーの戦い方~億を稼ぐトレーダーたちII~凄腕ディーラーの戦い方~億を稼ぐトレーダーたちII~

今日読んで明日から儲けたい......そんなムチャな要求に迎合することなく、トレードで真に大切な事柄....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。