Vol. 377 事実と真実

──────────────
連載「相場のこころ トレードの本質」その37
──────────────
 
「ウソをついたのは事実だが、君への愛が僕の真実なんだ……」
残念ながら、現実では効果がないでしょう。
 
私のインタビュー本第三弾『億トレIII』に登場する高山剛氏は、為替ディーラー、デリバティブトレーダーと豊富なキャリアをもつ人物ですが、その知識は幅広く、金融工学、そして禅の観点からトレードの本質を語ってくれました。
 
 
 
仏教が目指すのは「自然に逆らわない」「事実に即して生きる」ことだそうで、プレーヤーの感情や価値観が入り込まない金融工学と通じるのだそうです。
 
これが、先号で述べた「上がるか下がるかの確率は五分五分」という基礎の考え方です。市場に存在する「事実」なのです。
 
しかし、そんな理屈ではポジションを取ることができません。
「上がるから買うんだ!」という行動が必要です。
 
ある銘柄の株価が500円……これは「事実」です。
でも、プレーヤーの「真実」は一人一人ちがいます。
「割安だ」
「いや、割高だ」
「そもそも、わからない……」
 
名探偵コナンは「真実はいつもひとつ」と言っていますが、投資家の真実は自分だけのもの。
 
とりあえず、どこかのセンセイに「株、買っても大丈夫ですか?」なんて聞いてはいけないのです。
 
 
林 知之

凄腕ディーラーの戦い方~億を稼ぐトレーダーたちII~凄腕ディーラーの戦い方~億を稼ぐトレーダーたちII~

今日読んで明日から儲けたい......そんなムチャな要求に迎合することなく、トレードで真に大切な事柄....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。