Vol. 391 休んで見直し

──────────────
脱・応援団の技術(4)
──────────────
 
お掃除ロボ「ルンバ」を買おうと思ったのですが、わが家はルンバが活動できるほどキレイではありませんでした……。
 
持ち株を放置して「上がってくれ~」という応援団状態からの脱し方、最終号です。
 
「手法」の見直し、あるいは、手法の中にある一要素「予測法」の見直しです。
 
「見直し? 当然やってるよ」と言い返されそうですが、ちょっと聞いてください。
 
多くの人が、意外と落ち着かない状況で見直しを行っています。
 
・ポジションがある状態で考える
現在のポジションが気になるだけでなく、直近の結果が影響します。
本当にプレーンな思考ができるでしょうか?
 
ポジションゼロが理想ですが、少ないほうが落ち着いて考えられます。
わるいポジションがたくさんある状態だと、ヘタに考えないほうがいいかも。
 
・頭の中だけで考えている
問題点や気づきを紙に列記してみるだけで、「アウトプットのための整理」が実行されますし、書いたものを俯瞰(ふかん)する、あらためてインプットして考える、といった流れが生まれて、思考のクオリティが高まります。
 
トレードは、誰にもジャマされない個人的な活動ですが、それはマーケット参加者全員が平等にもつ条件です。
 
自分の側に、ジャマなものをつくり出す要因があるので、「今日か、明日か、いや来週か……」などとデリケートな部分が多いのがトレードですから、可能な部分はとことん丁寧に取り組むべきです。
 
今日は金曜日、週末に情報を集めたり考えたりする余裕があります。
そのときの思考を、どうやったら高められるか、紙一重で勝敗が分かれるトレードで少しでもプラスの方向にいくにはどうするべきか──波に乗ればガバッと利益が出るとはいえ、元の行動は小さく繊細です。
 
たまには、チマチマとした工夫をしてみてください。
 
 
林 知之

メールマガジン「1分間の相場実践知識」メールマガジン「1分間の相場実践知識」

相場技術論をベースにした、「迷いをゼロにする」ための考え方を、できるだけ短時間で読める内容にまとめて....

カタログカタログ

林投資研究所のサービスと取扱書籍をまとめた、A4サイズの保存版カタログ。 無料で郵送します。資料請求....

中源線第一部解説 無料配布版中源線第一部解説 無料配布版

書籍『中源線建玉法』(四部構成)のうちの「第一部 解説」を簡素な表紙にしただけのもの。中源線建玉法の....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。