Vol. 419 言葉とアイデア

前回、「言葉の捉え方」をテーマにしましたが、おかしな間違いも日常たくさんあります。
 
相場用語で「なし」「取り消し」を意味するのが「マル」。
 
顧客からの電話があると保留して「林さ~ん、3番、○○さ~ん」。
外出している場合は「マル~」。
できるだけ省略して素早く話を進めるのが業界の文化です。
でも「マル」の意味を知らない新人は、「わかった、伝える」だと勘違い・・・外線を保留にしたまま放置することがあります。
 
「キャッシュポジション」という相場用語があります。
文字通り「現金」なので、本来のポジションではありませんが、「いつでもポジションを取ることのできる余裕資金」という姿勢は、
ポジション操作を繰り返すトレードにおいて、大切なアイデアです。
 
ヘンな先輩から相場を教わった個人投資家は、「まずは現物で買い、慣れたら信用取引でレバレッジをかける」のが当たり前だと考えるようですが、とてもキケンです。
どこかでドボンします。
 
「マル」という言葉があるんだ! こう思えば、「ポジションをゼロにする場面も必要かな?」とアイデアが広がります。
積極的にキャッシュポジションを増やす(いわゆるポジションを減らす)ことに抵抗感が薄れます。行動に幅が出ます。
 
 
ときどき、自分が使う相場用語、外部からの情報でキーとなる表現などを、チェックしてみることも有効です。
 
実は意外だったのですが、アクセス解析の結果を見ると「相場用語集」がけっこう人気なのです。
 
 
 
林 知之
 
(後記)
台風25号は週末、日本海を北上するとの予報です。
影響がなさそうな地域でも、注意しておくべきです。
よい週末を!

研究部会報サンプル号研究部会報サンプル号

林投資研究所が自信をもって発行する、個人投資家向け機関誌「研究部会報」の内容を知っていただくために「....

【実践】相場用語事典【実践】相場用語事典

相場の実践において使われるものを中心に1,000語以上を収録。辞書的な解説にとどまらず、安定した利益....

 東証1部24銘柄でらくらく2倍の低位株選別投資術 東証1部24銘柄でらくらく2倍の低位株選別投資術

1984年の発足いらい、東日本大震災の翌日をのぞいて毎月、欠かさずに例会を開催して銘柄を選定してきた....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。