Vol. 420 それ、似合ってますか?

林投資研究所が誇る個人投資家の機関誌
『研究部会報』
 
サンプル号を無料で送付します。 →こちらをクリック!
 
 
「むずかしく なって手を出す へぼ相場」
本日ツイートした相場川柳です。
 
 
 
極端な値動き、いわゆる荒れ場を得意とする人がいます。
『研究部会報』で「その時 相場が動いた」を連載する本河裕二氏は、派手に動く相場で腕を振るう先物トレーダーです。
マネできませんが、ノンフィクションでつづる売買の再現と、自らの心理分析が心に響きます。
 
荒れ場のあとだけ、スッと出てくる人もいます。
ふだんは何もせず、大暴落のあと地味な優良銘柄を拾う戦略です。
もちろん、候補銘柄群を常にウォッチしながら“時”を待つのです。
「暴落待ち」専門なのです。
 
常にポジションを持ちながら、平均の資金稼働率が20%という人もいます。
グッと膨らませて攻める場面は、やはり限られているようです。
 
資金稼働率の変化が、とても激しい人がいます。
いけると判断したら、かなりのスピードでポジションを積み上げます。
でも、「あれっ?」と思ったらマル(ゼロ)にしてしまいます。
 
こうやって自分とは異なるやり方を聞くと、なんだか魅力的に感じます。
そして、「どれも実行できそうだ」と感じます。
 
ポジション操作には筋力とか体力が必要ないので、物理的には実行可能です。
でも、思いつきで行動するとケガをします。
「100%失敗する」ということではありませんが、わずかな歯車の狂いが大ケガになる可能性があります。
 
前述の「暴落待ち」の戦略は、100%に近い勝率だそうです。
ただ、それだけの精度を得るために出動場所をとことん絞るので、ふだんヒマすぎて、ついチョコマカと戦略外のことをしてしまうそうです。
 
日常、「そのセリフ似合わない」なんて会話がありますが、準備が足りず、イメージがなくて“自分のもの”になっていないから、受け入れてもらえないのでしょう。
 
人によっては何個もの戦略をもって器用に使いますが、準備なしに使いこなす人はいません。
 
 
林 知之

研究部会報 (定) 年間講読 (新規・継続)研究部会報 (定) 年間講読 (新規・継続)

1972年の創刊以来、真に自立する投資家を対象に発行し続けている、売買技法の研究誌。初心者からプロま....

研究部会報サンプル号研究部会報サンプル号

林投資研究所が自信をもって発行する、個人投資家向け機関誌「研究部会報」の内容を知っていただくために「....

うねり取り株式投資法 基本と実践うねり取り株式投資法 基本と実践

価格の自律的な動き、つまり自然に発生する変動を利用して利益を上げる「うねり取り」は、数多くのプロ相場....

 東証1部24銘柄でらくらく2倍の低位株選別投資術 東証1部24銘柄でらくらく2倍の低位株選別投資術

1984年の発足いらい、東日本大震災の翌日をのぞいて毎月、欠かさずに例会を開催して銘柄を選定してきた....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。