Vol. 421 時間軸を合わせる

4812frame-150.jpg
一般的な兼業投資家に合う、のんびり低位株投資「FAI投資法」の入門書(最新刊)、好評発売中です。
 
昔、ある村の会合がひらかれる場に居合わせて驚きました。
伝達するのは、「今夜、○○の家」という情報だけ。
ある者は夕方5時に来て飲み始め、ある者は7時過ぎ……なにが正解かわかりませんが、電車が数分遅れただけでイラっとする東京の人間とはギャップが大きすぎます。
 
チャートには、上げ下げの微妙な変化が表れます。
タテ軸の「価格」と、ヨコ軸の「時間」の関係です。
同じ上げトレンドでも、緩やかなのか急激なのか……あるいは、緩やかな上げから急騰に至った、等々。
 
損益にかかわる「価格」にばかり目を向けがち、だから「日柄を見るように努めよう」という教えは、チャートの機能をフル活用しようという意味です。
 
また、売買戦略が「どんな時間軸で構築されているか」が重要です。
 
株価が急落しても、長い時間軸でポジションを取っていたら関係ありません。
でも、短期売買ならば、買いポジションを持っていたら失敗、あるいは、売りを仕掛けていなければならなかった、となります。
 
この「時間軸」が、外部の力で狂うことがあります。
 
ほとんどの市況解説は「1日」を区切りにしています。
だから、内容の善し悪しに関係なく、急激な変化を気にして情報を取りにいくと、「1日」という時間軸に引っぱられます。
 
もう少し情報を……と考えて「今月は」とか「年内は」といった時間軸の情報に目を向けると、時間軸が乱れて混乱します。
 
実際には、外部の情報に気をつけるというよりも、自分が扱う手法について、「どれくらいの期間のトレンドを重視するか」と考え方を固めておくことが最優先でしょう。
 
「自分はこれをやるんだ!」と明確に説明できる、確固たる“手法”をもつようにしてください。
 
 
林 知之

研究部会報サンプル号研究部会報サンプル号

林投資研究所が自信をもって発行する、個人投資家向け機関誌「研究部会報」の内容を知っていただくために「....

うねり取り株式投資法 基本と実践うねり取り株式投資法 基本と実践

価格の自律的な動き、つまり自然に発生する変動を利用して利益を上げる「うねり取り」は、数多くのプロ相場....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。