Vol. 428 張らない

実際に掲載した記事を集約した『会報サンプル号』無料でお送りします。
 
 
今から30年前、相場の本を依頼された相場師が、「相場が曲がると、メシはまずい、髪の毛は抜ける、あっちの方も元気がなくなる……やらないほうがいい」なんて内容の原稿を渡して編集者が泣いていました。
 
 
投資家が真剣に読んだら、値千金の気づきがあると思うのですが、実際には、こんな原稿が本になっても売れません。
だから、世に出ることはあり得ないのです。
 
どんな心づもりで読み始めても、最後まで真剣に読む人はいないでしょう。
だから出版されない・・・「よし、やろう!」という人に「やるな」と言うのだから当然です。
 
でも、「やらない」を想像してみてください。
投資家である以上、チャンスを探しますが、「ポジションなしで見ているだけの状態がふつう」との認識をもつのです。
 
・重たい物を持ち上げている状態
・寒い中、外出している状態
・プールで泳いでいる状態
 
ポジションがある状態というのは、これらと同じなんだと考えるのです。
 
チカラを入れる場所を明確にして、抜くべき場所を意識するという思考です。
 
 
林 知之
 
(後記)
インフルエンザが流行しはじめたそうです。
手洗い、うがいなど予防を心がけてください。

研究部会報サンプル号研究部会報サンプル号

林投資研究所が自信をもって発行する、個人投資家向け機関誌「研究部会報」の内容を知っていただくために「....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 DIABOX2 702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。