Vol. 439 いちばん売れる情報

プロを含めて誰もが影響を受けているはずですが、株を「買うこと」「どの銘柄が有望か」という情報に傾いているのが、相場の世界の構造だと思います。
 
 
カラ売り可能な信用取引の制度があり、ひとつの手法として認知されていても、実行する人はほんの一握りです。
 
それに、下げ相場は陰湿で、感情が高ぶりません。
自然と、「どの銘柄が上がるか」という観点に目が向きます。
 
情報を発信する業者も、それに応えます。
どんなときでも、「これが買いでしょう」と言います。
 
だから、買い偏重と銘柄指向がさらに強まります。
銘柄情報が売れる……というよりも、銘柄情報でないと売れないのです。
 
“ディフェンシブ銘柄”なんて言葉があります。
例えば、生活必需品や社会インフラに関連する事業は、景気の動向に影響されにくいということで、ダメダメな相場のなかで「持つならこれ!」と注目されます。
 
しかし、なにか持たなければならない機関投資家と、私たち個人投資家は全くちがいます。
カラ売りをしないまでも、ムリに参加せずに手控える、買いポジションをゼロ、またはゼロに近づけるという選択肢が与えられています。
 
林投資研究所が選ぶ銘柄は、「FAI投資法」によるもので、低位株の買い戦略です。
 
バブルの高値から10年超、銘柄を選ばなかったのは正解でしたが、いささか極端な例。
でも、例えば現在も、新規の銘柄をほとんど選んでいません。
 
「これからお宝探し」と言いながらも、「今は積極的にやらないほうがいい」とアナウンスしています。
 
銘柄がない──貴重な情報だと思っても、「売れる情報」ではありません。
でも、姿勢を変えるつもりはありません。
 
 
さて、林投資研究所のこだわりとか、
現在の市況判断などは別としても・・・
 
「ポジションをゼロにして休む」とか、「なにもせずに本を読んで研究する」といった期間があってもいいはずです。
 
個人投資家の特権であり、最大の武器です。
 
 
林 知之
 
 
オフィス移転記念キャンペーン開催中
最大72.2%OFF「57キャンペーン」
main_text01.png

【DVD】林輝太郎が語る"成功への道"【DVD】林輝太郎が語る"成功への道"

書籍としてもまとめられている『定本酒田罫線法』(商品コード3011)の歴史や利用価値にふれながら、相....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 #702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。