Vol. 454 もう迷わない

「とりあえず生ビール3つください!」
 
日本のおける「宴会の慣用句」であり、「高度成長期にビールが大衆化したことが背景にある」そうです。
 
「とりあえず」ということは、『次がある』ということです。
次は日本酒とか……でも、最後までビールでも問題なし。
 
売買も同じように自由です。
試し玉で損切りする場合は、いわば「乾杯はビールでお付き合いする」みたいなものでしょう。
 
席につくなり「とりあえずビール」と言えるのに、酒の注文よりも自由なトレードで迷うのはおかしい・・・
 
ちょっと雑だったかもしれませんが、こんな論理で「売買は自由だ!」と考えると、ラクにならないでしょうか。
 
とりあえず100株
とりあえず見送る
とりあえず全玉手仕舞い
とりあえず500株つなぐ
とりあえず建玉を減らす
 
考えてみると、最後まで「とりあえず」ばかり。
だったら、なおさら迷うのは避けたいところです。
 
中源線における判断と3分割の売買は、仕掛けも増し玉も手仕舞いドテンも、すべて「とりあえず」で均等の力加減といえそうです。
 
だから、行動がナチュラルだと感じられるのでしょう。
 
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
うねり取り練習帖(一生稼ぐ相場の技術)
第17回は「中源線を引いてみよう」
 
転換、再転換、それに伴う3分割のポジション操作・・・
 
予備知識ゼロでも、今回の説明で「中源線って、そういう手法なのか」とカンタンに感じ取ることができそうです。
ぜひご覧ください。 yajirusi-blue02.gif こちらをクリック(YouTube無料)
 
p-17.png
 
 
林 知之

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 DIABOX2 702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。