Vol. 455 「攻め」と「守り」のバランス

メール配信ご希望の場合は、こちらからご登録ください
無料で登録できます)

車で狭い路地から出るとき、グイッと前に出るまで左右を見通せません。
ちょっと鼻先を出して止まり、間をおいて再びチョイと前進……
 
めんどうですが、これが理想です。
この動作を売買で行うのが、「試し玉」です。
 
「よし、ここだ!」と狙って出動したいのですが、逆行して「あれっ?」、さらに逆行して「おいおい」、「止まってくれよ」と願っても止まらずに・・・
 
試し玉は、こんな“相場あるある”を確実に防ぐプロの習慣です。
 
再び車の運転について。
見通しもよく一定の安全が確認できれば、モタモタせずにスピードを上げて走ります。
「目的地まで短時間で進む」のが乗り物の使命ですから。
 
路地の走行、広い道での走り方、こういったメリハリがルール化されているのが、「中源線建玉法」です。
 
『うねり取り練習帖』一生稼ぐ相場の技術第18回の内容は、実践者の「張る感覚」が、中源線ルールにどう盛り込まれているか、どんな姿勢で臨むのが理想的か。
 
「深い話」をわかりやすく解説した15分の動画です。
ぜひ、ご覧ください。
yajirusi-blue02.gif こちらをクリック!(YouTube無料)
 
p-18.png
 
林 知之

入門の入門 中源線投資法入門の入門 中源線投資法

「うねり取り」を機械的判断で実現する「中源線建玉法」は、40年以上の長きにわたってプロ相場師にも高く....

うねり取り株式投資法 基本と実践うねり取り株式投資法 基本と実践

価格の自律的な動き、つまり自然に発生する変動を利用して利益を上げる「うねり取り」は、数多くのプロ相場....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 DIABOX2 702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。