Vol. 462 個別銘柄を見よう!

本日は大納会、2019年最後の立会日でした。
 
年の区切りを大切にするのは日本の文化であり、昔の「大納会」「大発会」は特別な気分になったものですが、最近はそういった“お祭り”の雰囲気も薄れたようです。
 
男女の区別なく「中性」を指向するのは別の発想かもしれませんが、いろいろなものが“フラット”になりつつあるような……。
 
例えば多数銘柄の「平均」の値である、株価指数の売買が人気化する傾向はどうなのでしょう。
 
現在は先物ミニ、ETFなど、手軽に少額で株価指数を売買できますが、「業績動向などに左右されないから初心者向け」といった説明には違和感を覚えるのです。
 
たしかに、株価指数はコンスタントに動きます。
でも、どこか“無機質”な感じがして好きになれません。
 
個別株は、悪材料が出て暴落するとか、突然に人気化して噴き上げるとか、日常にはないほどの激しい動きをみせます。
 
でも、それだけに、マーケット参加者の「息づかい」が聞こえてくるような、感じ取りやすい部分が強いのです。
 
 人気が離散してイヤな下げ方をする
 誰も見向きもせず安値で動かなくなる
 動意づいて注目度が高まる
 疑心暗鬼だった向きが参戦して熱くなる
 短期資金を集めて過熱化する・・・
 
感情や感覚を否定しないかぎり、生身の人間には逆に“わかりやすい”と思うのです。
 
私は、「初心者こそ個別銘柄」と考えています。
 
ここ数年の株式市場を見ていると、上げる銘柄あり、下げる銘柄あり、いわゆる「跛行色」(はこうしょく)が強いようです。
 
なんとなく“薄める”のではなく、時に荒い動きをする個別銘柄を相手に、いかに安全な売買を実現するか──これこそが、「相場の王道」ではないでしょうか。
 
 
今年も1年、ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。
 
 
林 知之

プロが教える株式投資の基礎知識 新常識プロが教える株式投資の基礎知識 新常識

正しい努力を積み重ねれば、株式投資は上達する! 株式投資で利益を上げるための"一生使える技術"とプ....

入門の入門 中源線投資法入門の入門 中源線投資法

「うねり取り」を機械的判断で実現する「中源線建玉法」は、40年以上の長きにわたってプロ相場師にも高く....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 DIABOX2 702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。