Vol. 463 常に一歩遅れ

奈良公園には鹿がたくさんいますが、赤ちゃん鹿に触るのはルール違反だそうです。
人間のにおいがつくと母親が育児放棄するとか……知りませんでした。
 
相場は上か下か──。
投資家なら誰もが日々、考えます。
 
「上がりそうなにおいがする」と感じても、実際に期待どおりになるとは限りません。
 
当たるかどうかは、現実では重要ではないのです。
すべては、値動きへの「対応」とプロは考えます。
 
一歩先んじてポジションを取ろうと悩みますが、決め打ちを避け、「一歩遅れて対応する」のが王道です。
 
「一歩遅れるのがフツー」と考えれば、「しまった!」と感じてフリーズして二歩、三歩と遅れてケガが大きくなる・・・
こういった事態を回避することができます。
 
サイアクでも、一歩半の遅れにとどめれば、大ヤラレやしこり玉は生まれません。
 
ちょっとだけ認識を変えて期待値を調整する──こういったことこそが“技術”ではないでしょうか。
 
 
1月20日、今年初のネット放送「マーケット・スクランブル」では、単なる平均値の日経平均やTOPIXではなく、「個別銘柄の観察」「実践的で実行可能な対応」を解説しながら、プレーヤー目線で現在の株式市場を考えました。
 
ぜひ、ご覧ください!
35933.jpgのサムネイル画像
 
林 知之

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 DIABOX2 702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。