Vol. 85 スーパートレーダー

口数が多いと男としてダメだと言われ、黙っていると優しくないと文句を言われます。
「おまえこそ女らしくない」などと言おうものなら、「それが男らしくない」と攻められます。
まったく困ったものですが、これ以上ふれると私の身に危険が及ぶので終わりにします。

さて「○○らしい」とは、いったいどんな状態なのでしょうか?
いろいろなものについて考えてみたのですが、ほとんどの場合は無理難題、あり得ないようなことを指しているのではないでしょうか。

また、立場によって認識が大きく食い違っていたりします。
例えば男子中学生にとって、エロDVDを隠し持ち、ちょこまかと悪さをするのがふつうだったとしても、それが母親にとって「中学生の息子らしい」姿とはいえないでしょう。相手に対する期待があるからです。

では「立派なトレーダーらしい」とは、どんなトレードをする人でしょう。
机上で考えると、ついつい“欠点のないマルチプレーヤー”みたいになります。
予測は的確、行動は迅速かつ慎重。ナンピンがうまくて乗せもできるうえに、往来相場は上手に泳ぐし荒れた場面でも利益を取る──こんな人はいません。

おカネのことなので、自分に対してあり得ない期待を抱いているケースもあると思います。かといって、「どうせダメだ」と投げやりになったら本当にダメになります。

たった一点だけ、自分の強みを見つけ、それを生かすトレードを考えてください。

あまり器用じゃないけど逃げ足は速い……ダメそうな印象かもしれませんが、ズルズルと先延ばしして、せっかくの利益をはき出してしまうケースが多いのですから、スゴイ強みだと思います。

大相場に乗っかるのが得意ならば、ふだんはチョロチョロと損をしていても、大きく動いたときにしっかり取って差し引きプラスにできます。
こうやってトータルでプラスにすればOKです。
ど真ん中のストライクとは思えない動きを潔く捨て、得意な動きだけを対象に出動するのが基本です。

林 知之

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町571 #702 TEL 03-5261-5101  FAX 03-5261-5102

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。