ホーム > Webサイト更新

新刊の本文公開 連載 最終回

林知之の新刊『うねり取り株式投資法 基本と実践』第4章が、幻冬舎ゴールドオンラインのWEBサイトで公開中。本日、連載第19回がアップされました。

#20.jpg

【最終回】 巨大な株式市場だから存在する、個人投資家が勝てる「すき間」


☆バックナンバー

【第1回】株式投資では「カラ売りのほうがやさしい」といえる理由

【第2回】プロトレーダーに備わっている「真の瞬発力」とは何か?

【第3回】株式投資のための情報処理・・・「アウトプット」の重要性とは?

【第4回】トレードの質が大きく変わる「手仕舞い」の重要性

【第5回】株価の値動きについていく「分割売買」という手法

【第6回】株式投資でプロの技法を実践…「練習売買」のポイントとは?

【第7回】値動きの流れをつかむ「試し玉」を使った株式投資法

【第8回】狙っている銘柄が底値に・・・「試し玉」の使い方

【第9回】 見込み違いによる損失・・・金融取引の「最大の経費」とは何か?

【第10回】株式投資の損を最小限に抑える「試し玉」の役割とは?

【第11回】 株式投資で「損切り」より「利食い手仕舞い」が難しい理由

【第12回】利食いや損切りは潔く・・・うねり取り投資の「手仕舞い」の心得

【第13回】 株式投資で大切にしたい「守備範囲を絞り込む」という発想

【第14回】 株式投資で分析による「必勝法」が成立し得ない理由

【第15回】 プロは逆張り? 株式投資における「値動き」との向き合い方

【第16回】 株式投資で「順張り」で勝つための適切なタイミングとは?

【第17回】 株式相場の上げを活用した究極の売買方法「乗せ」とは?

【第18回】 株の値動きの中で活用したい「ツナギ」のテクニック

【第19回】 単純な行動を意識したい「利食いドテン」「損切りドテン」

4811frame.jpg

うねり取り株式投資法 基本と実践
林 知之 著  2,500円+税

Amazonで購入は、こちらをクリック!

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。