ホーム相場技法 > うねり取り

うねり取り


kt.png

uneri2016.jpg
chg-nyumon.jpg
chugensen.jpg

 

折れ線グラフ手描き

◆価格の自律的な上げ下げに注目

うねり取りは、価格の自律的な動き、つまり自然に発生する変動を利用して利益を上げる売買法です。

銘柄固有の材料がなくても、価格は常に変動しながら、ある程度の周期をみせるものです。
その上げ下げの中でポジションを変化させれば、純粋に自分の行動を考えるだけで利益を得ることができます。

◆銘柄を固定する

自律的な上げ下げを利用するので、多くのアマチュアのように、材料で銘柄を選ぶのではなく、うねり取りに適した銘柄から自分の好みのものを見つけます。
極端だと感じる人もいるかもしれませんが、たった1銘柄を何十年も売買し続けているプロ相場師もいるのです。

◆プロ相場師の4割が実践

うねり取りを行う投資家は、いわゆる職人です。変動感覚(値動きを受け止める感覚)を含めた売買技法が求められますが、継続的な売買を行うためのシンプルさが多くのプロに好まれ、相場師の4割がうねり取りを行っているといわれています。

◆うねり取りを実現するための機械的売買法「中源線建玉法」

うねり取りでは、真に自由な状態でトレードを展開することができます。平均株価も、各種の材料も考えず、「あらゆるニュースが株価に織り込まれている」と考え、自らの出処進退に集中するからです。

しかし、自由な半面、行動の選択肢が無限にあることが悩みとなり得ます。
塗り絵は楽しい、でも「真っ白な紙に好きな絵を描け」と言われると困る……大切なカネの問題を自分ですべて決めるのは、想像以上に重たい作業でしょう。

そこで、多くの人が各種の指標を使ってみるのですが、長期間で結果が出ることはありません。過去データを表面的に分析して先行きを「当てよう」とするだけだからです。

先行きを事前に知ることはできないので、過去データから考えるしかないのですが、自らの手で未来を“つくる”ためには、予測法に加えて「ポジション操作」の発想が不可欠です。
パターン分析による予測に、分割売買のポジション操作をセットにした、極めて実践的な売買手法が、「中源線建玉法」(ちゅうげんせんたてぎょくほう)です。

実践者の感覚と一致するシンプルな強弱判断と、コントロールが容易な3回の分割売買を「手法」としてまとめてあり、ルールはすべて公開、学習のツールも充実しています。

chu_chart3.jpg

研究部会報 (定) 年間講読 (新規・継続)研究部会報 (定) 年間講読 (新規・継続)

1972年の創刊以来、真に自立する投資家を対象に発行し続けている、売買技法の研究誌。初心者からプロま....

新版 中源線建玉法(一般価格)新版 中源線建玉法(一般価格)

プロの相場技術をシンプルなロジックに集約した、機械的売買手法。日々の終値を結んだシンプルな折れ線チャ....

【詳説】うねり取り実践 ~株式売買記録と解説~【詳説】うねり取り実践 ~株式売買記録と解説~

本書は主に、日々の終値を見ながら上げ下げの波に乗る「うねり取り」の手法を紹介している。特別なファンダ....

うねり取り入門うねり取り入門

「プロヘの最短コース」といわれる銘柄固定式継続売買について、いますぐやるための実践的解説と深い討論の....

FAI 場帳FAI 場帳

場帳に終値を記入するときだけ、マーケットのさまざまな雑音から解き放たれる。常に自分の基準を再確認する....

FAI 玉帳FAI 玉帳

人間の記憶はあいまいである。しかし売買を記録することで、経緯や現状を客観的に見ることができる。また、....

入門の入門 中源線投資法入門の入門 中源線投資法

「うねり取り」を機械的判断で実現する「中源線建玉法」は、40年以上の長きにわたってプロ相場師にも高く....

林投資研究所投資助言・代理業 関東財務局長(金商)第2602号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-8 ホウエイビル4階 TEL 03-5953-8761  FAX 03-5953-8762

※ご注意:林投資研究所は、証券取引行為や金銭・有価証券の預託貸付は行いません。